カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
プロフィール

や子

Author:や子
ボーカルはチバユウスケと
甲本ヒロト

バンドはSCOOBIE DO

アイドルは関ジャニ∞

などが好きな腐女。

レポではなくただの日記。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAMINARI TODAY

誰かといるときは私、とても元気なの。家に帰って部屋でひとり、駄目だなあ。
テレビでニュースはやらない、実感がわかない。でも、でも何だこの喪失感、脱力感。

*

―最後に、この3万字インタヴューをやるって言う話をチバ君にした時に「これを訊いてくれ」って1個だけお願いされたんですよ。チバさんの事をどう思ってるんですか?
「チバの事?…………最も信頼できる奴。最も信頼できるし、尊敬してるし、カッコいい。あいつの横でずっとギター弾いてたいと思うからね」
―何でチバ君なんだろうね?
「……凄えからじゃない?(笑)。…………俺もチバを必要としてるし、チバも俺を必要としてるし。それが信頼関係だしね。やっぱ横でギター弾いてると気持ちいいし。そういう事だよ」
―その信頼関係は音楽を作る上においてって言う事だけ?
「いや……まあ、いろいろあるよ。そりゃ口に出して言う事じゃないじゃん(笑)。…………やっぱりね、いろいろ影響受けてるし、常に刺激されてるしね。だからこれだけ真剣になれるしね。それがなかったらバンドってつまんないじゃん」
―それは他のメンバーに対しても言える事?
「うん、言えるよ」
―しかしミッシェルからの加入の誘いがなかったらどうなってたんでしょうね(笑)。
「どうなってたんだろうねえ(笑)。ねえ?」
―かといってミッシェルと出会った事でドラマと成長があって今のアベフトシがあるっていう感じじゃなくてさ、もともとあったのが出会って実現しただけっていう感じがする。
「そうなのかなあ?」
―だって淡々としてるもん。
「ははははは、そう?(笑)。……淡々としてるっていうのがわかんないんだよね」
―信頼はしてるけど頼ってはいないじゃん。チバ君に対してもバンドに対しても。
「いやあ、頼ってる部分はあるよ」
―でもバンドのメンバーみんなそんな感じじゃないのかなあ。
「ん?そうだろうね。こんな話した事ないからね(笑)。面と向かって『いやあ、お前って最高にカッコいいよ!』って言うのも照れ臭いじゃん(笑)。まあ思ってるんだけどね」
―じゃあミッシェル・ガン・エレファントに他のバンドにはない特別な力みたいなのがあるとすれば、それは何だと思う?
「……迷いがないところかな」
―やっぱりどう見ても特別なバンドだと思う?
「うん、凄えバンドだと思うよ」

(インタヴュー=山崎洋一郎/ロッキング・オンJAPAN98年10,11月号)



3万字インタビューを思い出して、その一部を。



なんなん。なんでなんよ

数日前までホンマに幸せやった。それがこんな
まるで地獄にたたき落とされたよう

笑うしかない思てたけど、笑えん。酷すぎるやろ。

再結成なんて望んでへんけど、ただ、チバ、コウジくん、キュウちゃんと一緒にアベがおった言う目撃情報だけで嬉しかったんよ。メンバー同士、今だって仲良くしてたのが嬉しかった。それがもう





バイバイ、ジェニー
バイバイ、ダニー


もう お別れだよ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ほんま悲しくてたまりません。。

アベさんが生きてても死んでても、ミッシェル聴くのは何ら変わりないのに

どうしてこんなに悲しいんでしょうか?

この悲しみに共感してくれるひとが周りにいないのが余計悲しいです

訃報が三面記事にもならんひとだけど、ほんまに好きでした

No title

★とみちゃん★

ホンマにね、ミッシェルが解散したって今までも、これからやってきっとずっと聴くねんけどさ。ふと、「あ、もうアベ、この世におらんねや」って思うと胸が苦しくなるよ。

とみちゃんの彼、志摩くんもミッシェル好きやったんかな?確かに、私の周りにもアベのこと、ミッシェルのことを知らない人が大半やもん。私が悲しんでても周りには分からない。

ミッシェル解散してからアベだけ見てなかったから、私の中でアベ=ミッシェルなんやなあ。

No title

こりゃ参りましたね?。。。今年のライジングでもしかしたら吉川晃司のサポートで久々に生アベが見れるかもと思ってたのに。



初めてミッシェル見た伝説のFUJIROCK’98からラストツアーの大阪まで結構ライブ行きましたが、どれもこれも強烈すぎてはっきりと脳裏に蘇ってきましたよ。



昨日のFUJIでチバが「今日は俺達の大親友だったアベフトシに捧げます!」と叫んだそうな。



あんなギタリストは世界中どこにもいないし、これからも現れることはないでしょうね。



KOOLOGI@クアトロの楽屋で、恐る恐る挨拶したらニッコリ微笑んで「お疲れ様でした!」と返してくれた時の笑顔が忘れられません。

No title

★栗秋くん★

こっちにもコメントありがとう!



そう、ライジング。来る予定やったんですよね?何か…悔しい。



お兄さんもミッシェルのライブ行ってたんや!伝説のFUJIROCKっつうと、あの、人が倒れまくってライブが中断しまくった、あれ?動画で見ました。あれを見たとか、すげーー!!羨ましい!!

あたしもいつぞやのZEPPOSAKA公演でね、前の方で見てたらあまりに激しすぎて(特にアンコール、リボルバー・ジャンキーズだのジェニーだの…)人の下敷きになるわ、靴が両足ともなくなるわ…三途の川を渡りかけました。



FUJIでのチバの言葉、お兄さんのコメントを読んで胸が締めつけられました。まだまだ実感わかんけど…アベのことを考えると何とも空虚な気持ちになるけど…もう、おらんねやなあ。

苦しいです。



そうですよね。あんな、鬼みたいなギタリスト、彼しかおらん。



お兄さん、アベと接したことあったんですか!恐る恐る…笑。あんな、鬼みたいやけど、笑顔は優しいですよね。

…コメント読んでたら涙出てきました。あかんなあ。



ライジング、悲しみを笑顔に変えようと思います。

お兄さん会えたら乾杯しよう!色々お話聞かせてもらいたい!

No title

そう!そのバードメンで明らかにチバがいらついてる横で、アベが「カンケーねえからお前らもっと来んかーい!」みたいな感じでギャーン!!てギター鳴らしたから更にこっちも燃え上がったみたいな。。。そういやアベも敢えてギターでしか語らない男ですね。

No title

★栗秋くん★

http://www.youtube.com/watch?v=tWHNNLRVZDM

↑(イントロ?G・W・D途中までやけど)見つけた!これか!

改めて見たらすご過ぎて笑える。この頃はブロック分けされてなかったんやね。人の波ヤバイ!w

1曲目がCISCOとか、中断後にやったんがG・W・Dとか!演奏を止めに入るスタッフを押し退けるアベ…

その、THE BARDMEN映像も見てみたい!もっと来んかーい!笑

ギターでしか語らない男…!確かにギターで観客を煽ったりしてたねー。デビュー曲が名曲とか、ミッシェルとスクービーって共通点ありますな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。