カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
プロフィール

や子

Author:や子
ボーカルはチバユウスケと
甲本ヒロト

バンドはSCOOBIE DO

アイドルは関ジャニ∞

などが好きな腐女。

レポではなくただの日記。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ザ50回転ズ】涙のスターダストショー【十三ファンダンゴ】

1月22日、日曜日

iphone_20120123235120.jpg

Thank you! SOLD OUT!!
・・・つーわけで、ヤバイ雰囲気プンプンですよ!


チケットをとってくれたまりもちゃんに感謝








ステージ中央にある柱よりも後ろで・・・前は絶対に危険だもの

いつものSEが鳴るとすんごいテンション上がる
階段から変顔して降りてくるダニーに萌える

1曲目がロックンロール・マジックときた!
続いて1234でギャーッ!!てなって


「十三ファンダンゴでワンマンライブをやるのは6年ぶりだぜー!
けどよ、この場所も、お前らも、俺たちも、1ミリも変わっちゃいねえ!」


KILLERの前に
「ヒッヒッヒ・・・怖いよお・・・怖いよお・・・」
つってたよねダニー
お前が怖い

「ロックンロールは、永遠だ!」
みたいなことを言うてロックンロールフォーエバー
なんか、泣けた

「夏の曲をやらせてもらってもいいかい?」
で、NO NO NO
からの故郷の海よ
からのグローリー・グローリー

・・・涙腺しんだ


「大事な曲をやらせてくれ、I can not be a good boy!」
・・・涙腺s(ry


からの、ドラムがズンタンズンタンズンタンズンタン♪
ギャー!!!YOUNGERS!!!
ヤンガーズだけはどうしてもぶっ飛びますよ
まりもちゃん、けいこちと共にヒャッハー!とモッシュピットにピットイン

・・・屈強なメンズに囲まれて死ぬかとおもた
怯んで引き下がろうもんなら
後方で大人しく見ていらっしゃる方々に、モッシュの渦に押し戻されるという
逃げ場のないバトルロワイヤルでした

顔面も殴られるしワケが分からないよ!
・・・でも楽しかった


本編ラストが新曲、涙のスターダスト・トレイン
胸キュン



アンコールで階段を降りてくる際、ダニーが笑顔で「バカヤロー!」とか叫んでた
胸キュン

そしてテーマとおさらばで終演



からだがバッキバキになりましたよもう。汗くさいわ

なおとくんは一体何回ダイブしたのか。相変わらずメガネ曇りすぎ
50のライブは屈強なメンズが結構いるから、気を付けんと怪我するよね
青あざなんて久しぶりにつくった
あと、左胸の辺りが息をするとたまに痛いというかなんかそんな気がするんやけど、気のせいですよね



決してお上品ではないけれど、お上品なんてくそくらえってくらいに
極上のロックンロール、いただきました

いつまでも焦がれていたいなあ


ロックンロール・ラブレターツアーも行こうっと
岡山と大阪、予定!








セットリスト(多分、順不同):
ロックンロール・マジック/Mr.1234Man/サンダーボーイ/ゴキブリ讃歌/耳鳴りロック/レッツゴー3匹!!/ぬけがらロック/ベラルーシより愛をこめて/少年院のソナタ/KILLER/ロックンロールフォーエバー!/Trip!Trip!/S.O.S!/NO NO NO/故郷の海よ/グローリー・グローリー/1976/いけないビート/I can not be a good boy/YOUNGERS ON THE ROAD/Thank you for "RAMONES"/涙のスターダスト・トレイン
En.
50回転ズのテーマ/おさらばブギウギ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。