カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
プロフィール

や子

Author:や子
ボーカルはチバユウスケと
甲本ヒロト

バンドはSCOOBIE DO

アイドルは関ジャニ∞

などが好きな腐女。

レポではなくただの日記。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやぁ、なんも、おかえしだって。

9月13日、土曜日
怒髪天、おかげさまで30周年。47都道府県勝手にお礼参りツアー
アット、大阪BIGCAT

行ってきました

fc2blog_20140915173526d6d.jpg

「完売御礼 ほんと、どうもね。」



・2曲目に酒燃料爆進曲。坂さんのシャウト「金龍!」

・ハリーポッター(USJ)のせいで周辺の宿全滅、泊まれず移動になった怒髪天一行(この日はSMAPコンもあったようで)
兄ィ「何が賢者の石だよ。俺だって尿管に石できたことあるからね」

・兄ィ「走ったりして体力つけたりしてるけど、全部出すから意味ないんだよね」
山下清の名言“おにぎりがもらえるところまで歩くから、もらえないってことはないんだな”のように
「出せるところまで出すから、意味ないんだな」

・近くでコヤブソニックやイナズマロックフェスが開催されてるのによくここを選んだねって。
兄ィ「向こうは空気のいい野外でやってるのに、わざわざこんな空気の悪いところに来て・・・」
「向こうは少年誌で言うとジャンプだな」
シミさん「こっちは?」
兄ィ「ゴラク」
シミ「少年誌じゃないじゃん(笑)」

・兄ィ「テニスの錦織選手、俺らずっと“にしきおり”って思ってたもん。何だよ“にしこり”って」

・音泉魂の話。やっぱり打ち上げに出たかったようで。
十三ファンダンゴの名物店長・加藤さんの話など。
怒髪天が初めて大阪でライブしたのがファンダンゴ。
兄ィ「すっごいところだよね。建物全部が斜めに立ってる感じだもんね」
昔、打ち上げで飲むと店長と坂さんはいつも全裸になってた。
兄ィ「その頃の写真まだありますけど、出ちゃいけないところ出ちゃってますから。坂さん、こだわりなのか知らないけど、全裸になっても腕時計とブーツだけははいてたもんね。ビニール袋を着たりもしてたよね。ピッチピチなの」

・アンコール、坂詰克彦オンステージ。“今夜も始まっているだろう”熱唱。

・兄ィ「シミと楽屋で話してたんだけど、今日はおっさんが多いな。若いふりした女性もいますけど。あれでしょ?家に帰ったら背中のチャック開けて、出てくるんでしょ?」

・兄ィ「俺いま3DSで言うと、ランプが赤色で点滅してる状態だからね。君らもそうだろ?じゃあ、充電を無くそう」
そしてラストの“サスパズレ”
「この(曲間の)寸止め、かれこれ15年ほどやってるんだけど、初めて見る人には何のこっちゃ分からないだろ。2年前ぐらい前から友康がこっちを見てくれるようになったんだよね。」
再度寸止め。
兄ィ「友康、見てた?見てなかったでしょ今?」
王子「見てたよ」
くだらねえだろ?でも、こういうの大好きなんだよって。うんこおしっこ大好き。
正装してた坂さんに
兄ィ「坂さん、そのネクタイ頭に巻いてみたら?」
素直に巻く坂さん。似合いすぎ。
兄ィ「宴の課長みたいになってんじゃん(笑)」

・終演後の
兄ィ「ここまでくるまで、良いことばかりじゃなかったよ。辛いこと、悲しいこと、いっぱいあった。だから、みんなもそういうことがあるなら俺達に会いに来て。みんなにできる恩返しと言えば、俺達は絶対に解散しないから。絶対に、この場所にいる。ヨボヨボのじいさんになって良い曲が書けなくなってるかもしれないけど(笑)、ここにいるからさ。だからまた、生きて会おう。」



王子が歌ったり、シミさんが歌ったりもして、盛り沢山。ただ、個人的には中弛みを感じずにはいられなかったんですが。
基本、怒髪天は変わりなく、信頼できるバンド。
兄ィは何度も何度も「楽しい」って言ってて、ほんと心から関西を愛してくれてるんやなと。関西人として嬉しいな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。